saryuの節約ブログ

シングルマザーで、息子を育て、無事に独立させる事ができました。
50代、初めての1人暮らしです。
老後の為に(?)節約生活しています。

防災と節約をセットで考えている

暖房は、エアコンはあまり好きではない。


何だか、頭がボーっとしてくるし、乾燥も気になる。


灯油代はかかるのだけど、やっぱり、石油ストーブが好き。


友人は、うちの石油ストーブを見て、「懐かしい。」なんて言う。


現代では、暖房はエアコンが主流だものね。


新しいエアコンなら、電気代もあまりかからないのかな?


現在の灯油代は、¥1420。(18L)


最近、少し値上がりした。


家で使う分は、2~3週間ぐらい使えるかな?


灯油は、電気と違って、先にお金を払ってあるので、安心して使えるところもいいんだよね。


石油温風ヒーターと、昔ながらの石油ストーブを、使い分けている。


休みの日は夕方から、石油ストーブの上で、コトコト料理をする。


煮込み料理がおいしくできる。


ひとつ注意するのは、沸騰しないので、ガスレンジでいったん沸騰させてから、ストーブに移さないと、大根などは芯が残る。


仕事から帰ってからは、ストーブの上でお湯を沸かせるし、乾燥対策にもなる。


石油ストーブの前には猫も寄ってきて、なんだか幸せ(⋈◍>◡<◍)。✧♡


電気を使わない石油ストーブがあれば、大きな地震が来て、電気が止まっても安心だと思っている。


私の節約は常に、防災も考えているので、石油ストーブか、卓上コンロがあれば、調理できる食べ物を用意してある。(冬は石油ストーブ、春・夏・秋は卓上コンロ)


お給料日ってないけど、お金がもし、ないときでも、備蓄しているものを食べることができるし、備蓄しているものも定期的に消費しなければならないから、ちょうどいい。


お天気が悪い日は、買い物にいかずに、備蓄のものを食べるようにするのがいいんだって。(災害時の練習)


タンクの水も基本、備蓄用だけど、毎日、お風呂に足し湯をする時、熱いお湯がでるまでの冷たい水をタンクにためておいて、食器を洗う時に使っている。


以前は備蓄しても、水はそのまま何か月も放置だった。


この水は飲料水とは別で、レトルトや、缶詰を温めるときに使用するつもり。


防災と言えば、実際に大きな震災にあった友人によると、おふろの残り湯は、次の日に入る直前まで、抜かないようにしたほうがいいらしい。


トイレの水として、使えるから。(節約のためにすでにやっているけど、防災にも役立つのね。)


電気を使う生活は便利だけど、あまりたよりすぎると災害時には困ると思う。


逆に、昭和初期みたいな暮らしをしていたら、電気ぐらい止まったって、全然困らないよね。


そういう暮らし、見直してみたい。






野菜の値段が高いよね

普段は母が食事の支度をしてくれているので、私が料理をするのは、休みの日だけ。


スーパーに行くんだけど、やっぱり、野菜は高いんだね。


うちの母が家庭菜園をやってるので、ねぎ、大根、白菜はタダで手に入る。


これを基準にメニューを考える。


買い足すものは、安定しているキノコ類とか、もやしなどかな。


ジャガイモ、玉ねぎって安定してるのだろうか?


ジャガイモ、玉ねぎも家庭菜園でずっとタダなので、やっと今頃になって買うから、相場がわからない。、(のんきな主婦だ)


タダの野菜+安定している野菜+特売のベーコンなどを炒めて香味ペーストあたりで味付けしておけば、息子は喜んで食べる。


以前は、レトルトの調味料、Cook Doなどを使っていたのだけど、割高かな~と思って、香味ペーストを3種そろえた。


若い子には、ウケる味のようだ。


何を作っても、大絶賛される。


野菜が高いときは、母が家庭菜園やっててくれて、助かる。


...で、借りてる畑が農家さんの畑のとなりなので、ほかの野菜もいろいろもらってくるしね。


母にはいつまでも元気で、家庭菜園をやっていてほしいなぁ。


あれって、自分でやるとなると、大変そうなんで。(いつかはやってみたい)










嫌がらせをしてくる人への、最上級の仕返し

ブログに書いた通り、ここ数年、私はあまりお金を持つような生活をしていない。


それに加えて、うちの後ろには、近所でもかなり問題のある夫婦が住んでいる。


いつも窓から近所を見張り、何かといちゃもんをつけてくる。


うちは車のタイヤをパンクさせられ、違う家は、自転車2台をパンクさせられる。


車に傷をつけられる人もいた。


「てめえんちの犬がうるせえんだよ!」


と、朝から怒鳴られる人もいた。


みんなで警察に相談に行ったけれど、民事不介入なんだそうで、解決できなかった。


郵便物は盗まれ、開けられ、ばらまかれる。


もう、限界だと、家を売り、引っ越す人までいた。


でも、私にはできない。


そんなお金ないもん。


ある時、気が付いた。


相手は、私たちを困らせたいのだ。


だったら、困らなければいい。


何をやられても、困らなければいい。


ゴミを投げ入れられたら、風で飛んできたと思えば、腹も立たない。


どうせ、庭は掃除しなきゃならないもの。


車をパンクさせられた時も、新しいタイヤに替えれば、事故も防いでくれる。


郵便物は、職場に届くように、手続した。


私は何も困らない。


私が困らないと、おもしろくないのか、私にはあまりやらなくなってくる。


私は、こういう考え方ができるようになったことが、すごくうれしい。


一見、不幸なことからも、必ず何かをつかみ取ろうって思いながら、何年も生きてきた。


お金じゃ買えない。


むしろ、お金があったら気づけない。


貧乏にも、嫌がらせ夫婦にも、感謝している。


だから、いろいろなことが起こるけれど、私はこの人生が楽しい。


こう思えることが、その嫌がらせ夫婦に対する最上級の仕返しだと思う。









猫の去勢手術で、また、出費

猫の去勢手術をした。


毎日、大暴れしまくる、雄の子猫。


去勢手術をしたら、おとなしくなるかな?って期待したんだけど、おとなしくはならなかった。


相変わらず、大暴れしている。


傷口は痛まないのかな?


先月分、少し余裕があったので、貯金しようと思ったんだけど、猫の去勢手術しなきゃいけないのだった。


料金は¥14,000くらいだった。


それでも、ほかの獣医さんより安いと思う。


雄と雌でも、料金は違うみたい。


最近「貧乏人は、ペットを飼うな。」と、ある獣医さんが言ったとか?


しかしね、この寒さの中、野良猫はどうしているのか.....。


うちは3匹いるけど、保護した(=^・^=)2匹と、生まれちゃったので、誰か飼って!というのが1匹。


貧乏でも、暖かい寝る場所と、餌は提供してあげられるよ。


病気したときに、高度な医療?は、受けさせてあげられないけど、経験上、そんなことは猫は望んでいないと思う。


飼い主側が、どこで満足するかの違いのような......。


お金をかけるほど、かわいがっている、みたいなの、やめてほしいな。


いつもお世話になっている獣医さんも、同じ考えのようで、信頼できる。


貧乏でも、3匹の猫と楽しく暮らしているよ。(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)



今月の電気代

今月の電気代の請求が来た。


彼女と暮らしている息子が、今、毎日家に帰ってきているので、一人暮らしではなく、二人暮らし。


彼女が鬱で、体調悪いので、お互い、実家に帰っている。


で、今月の電気代は、¥4,480だった。


先月が¥3,892なので、上がっているんだけど、去年の1月は、¥8,347なので、下がったってことだね。


私は一切、エアコンを使わないけど、毎晩、息子がエアコンを使っている。


しかし、去年よりもかなり安くなっているのは、冷蔵庫を買い替えたことが大きいと思う。


家のほとんどの照明をLEDに替えたこととか、人感センサーのライトをいろいろなところにつけて、照明をなるべくつけないようにしたこともあるのかな?


息子がまた、アパートに戻り、一人暮らしになったらもっともっと節約できると思う。


まだまだ節約できると思うと、未来は明るいな。